心と体の声を聞きながらよりナチュラルで心地よい暮らしができるよう日々実践中
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








(報告)3月のお料理教室「時間のコース」


PICT0868.jpg

3月12日、13日、15日に開催いたしました。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

☆ メニュー

 「春の和食」

 ・お麩料理3種
 ・お味噌汁3種
 ・青菜のごま和え
 ・スパイス風味のお粥
 ・うどとみかんのサラダ


pict0856c.jpg

<車麩のオーブン焼き>
車麩は油で揚げていません。
揚げ物は消化に負担がかかりますので。
アーユルヴェーダでは揚げ物はしません。
我が家でも揚げ物はほとんどしなくなりました。

<板麩の海苔巻き>
こちらもオーブンで焼いています。
見た目もカワイイです♪

<菜の花のお麩和え>
辛子で和えています。
花粉の季節にはよいです。

<春菊のゴマ和え>
胡桃も入れてコクのあるお味になりました。



PICT0859.jpg

<レタスとあらめのお味噌汁>
レタスのしゃきしゃきが美味しい♪



PICT0860.jpg

<キャベツのお味噌汁>
白味噌で作りました。



pict0861c.jpg

<切干大根のお味噌汁>
切干大根のだしがでていて甘味もあります~。
生姜の千切りをトッピング。
生姜と切干大根の相性バッチリ。



PICT0830.jpg

<スパイス風味のお粥>
少しのお米で作りましたが、たっぷりのお粥になりました。
とってもヘルシーです。



PICT0862.jpg

<うどとみかんのサラダ>
うど、ハマってしまいます。
美味しすぎます!
生でも茹でてもどんな調理法でもいいですね。
独特の香りが食欲をそそります。
皮はキンピラにします。



今回のメニューは、カパ体質の私にはピッタリのお味。
春をたっぷり味わえるお料理でした。(^^


以下、ご参加いただいた方からのご感想です。

******************

(I..Mさんより)

直子さん
こんばんは!
メール有り難うございます。
うど、初めて食べましたが美味しいですね!
メッサで山うど発見!
サラダと皮のキンピラも作ってみました。
あの苦味がたまりません。
春菊のゴマ和えもコクがあり、他のお野菜でも応用できますね~
また次回のお料理教室楽しみです。
有り難うございました。


******************

ありがとうございました!








スポンサーサイト






2009⁄03⁄19 22:26 カテゴリー:アーユルヴェーダお料理教室 comment(2) trackback(0)
▲pagetop












コメント



はじめまして、最近アユールヴェーダや
マクロビオティックの食事に興味を持ち
色々調べたり本とか読み始めました。

私はピッタ体質らしいので、野菜を中心に
食事を変えましたらとても調子がいいです。

ただ、大好きなお味噌汁を飲んでいいのか不明。
どうしても、インド的な料理やスパイスがピッタの一覧
には明記があり、日本食の納豆や味噌汁が?
もしご存じでしたら、教えてください。
ピッタの人は味噌を使った料理を食べても
いいのでしょうか?

上記のお料理とても美味しそうです。また
器にもこだわっていて素敵だと思いました。
お麩にもこんな食べ方があったのは発見です。

楽しく拝見させて頂きました
2010/03/08 10:39URL | ミシ[ 編集]

Re: Re: タイトルなし
> ミシさま
>
> はじめまして♪
>
> アーユルヴェーダでは(マクロビオティックでもそうですが)
> これを食べてはいけないという決まりはないんですよ~。
>
> それぞれの体質ごとに、ひかえたほうがよいという食材はあります。
> それはあくまでも目安と考えています。
> 例えば、ピッタを上げる食材をとる場合は、ピッタを下げる工夫をすると
> よいでしょう。
>
> お味噌汁、ぜひ飲んでくださ~い。(笑)
> だって日本人ですものぉ。
>
> 納豆は消化に重いといわれています。
> (その他ネバネバ系のもの)
> 特に、私のようなカパ体質の人はカパが上がってしまうからです。
>
> なので、私は、あまり食べません。
> でも、食べてはいけないということではないんですよ。
>
> 食べたい場合は、カパを下げる生姜や山椒をトッピングする
> などの工夫をしています。
> ただ、春はカパの季節なので、とくにネバネバ系のものは食べません。
>
> 私のアーユルヴェーダの教室のメニューは、日本人にあった料理です。
> 決して、インド料理だけではないんですよ。
> 和食、イタリアン、中華、・・などなど
>
> アーユルヴェーダの知恵を基本に、どんなお料理も作ることが
> 可能です。
>
> 楽しいですよー。

2010/03/08 23:45URL | naoko28[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

プロフィール

naoko28

Author:naoko28
藤川直子(ふじかわ なおこ)です。
東京での暮らしにピリオドを打ち、田舎暮らしがしたくて和歌山に引っ越してきました。
海、山、川、自然いっぱいの和歌山が大好き♪
マクロビオティックの食生活を続けている中で、アーユルヴェーダ、ローフードと出会い、今はそれぞれのいいとこ取りをして、心も体もさらに軽くなりました!
自宅でアーユルヴェーダ、ナチュラルスウィーツ、マクロビオティックのお教室をしています。
1年に1~2回、東京へ出張のお教室もしています。
その他ご要望があればいろんなところへ飛んで行ってます。(^^
自給自足に近い暮らしを目指し、現在準備中。
日々、夫と息子の3人でわいわい楽しく暮らしています。

リマ・クッキングスクール師範科卒
アーユルヴェーダ・シンプルクッキング終了


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク


ブロとも申請フォーム


QRコード

QRコード

▲pagetop



Copyright © 2017 アーユルヴェーダ、ローフード、マクロビオティックのいいとこ取り♪. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。