心と体の声を聞きながらよりナチュラルで心地よい暮らしができるよう日々実践中
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








トマト♪


PICT0306.jpg

実家からトマトをたくさんもらったので、

トマトライスを作ってみました。(^^


この日のメニューは

・raw sweets
・生野菜
・キャベツとジャガイモのスープ
・トマトライス
・ナスのソテーオレガノ風味


<トマトライス>

☆作り方

材料 トマト2個(300gくらい)、3分搗き米2合、
    ローリエ1枚、オルチョサンニータ 適量、
    緑レンズマメ1/4カップ、岩塩小さじ1/2~1、
    水(お米の1.2倍)

1.トマトは、湯むきして一口大に切っておく。
2.土鍋に、オルチョ、ローリエを入れて火にかけ、
洗ったレンズマメを加えて炒める。
3.さらに洗ったお米、トマトも加えて炒める。
4.3に水と岩塩を入れてふたをする。
5.沸騰したら極弱火で15分炊き、その後、火からおろして
10分むらす。
6.器にもってコショウをふってできあがり~。


これも思いつきで作ったのですが、
おいしかったです。

お米とお豆で栄養面でもかんぺき♪
オルチョとローリエの香りが満足度を高めてくれます。(^^

これにスープがつけば十分ですね。

豆を炒める時に、生姜のみじん切りも入れると
消化力アップしま~す。



それから、トマトについて。

アーユルヴェーダでは、生のトマトはあまり食べません。

トマトは、湯むきして火を入れていただきます。


でも、

祐也は生のトマトがだ~いすき!

本人が欲しがるものはあげたいので~
皮をむいてから生であげてます。
そのかわり、冷蔵庫でキンキンに冷えたものでなく、
常温にもどしています。

真夏でも冷えたものはいただきません。
常温にもどしてからいただきます。

果物も。


私も生のトマト、食べたいときは食べますよ。


基本は、


食べたいものを食べる。
感謝、シアワセを感じて食べる。


これだけでオージャスになります。(^^











スポンサーサイト






2009⁄08⁄21 15:38 カテゴリー:レシピ comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

プロフィール

naoko28

Author:naoko28
藤川直子(ふじかわ なおこ)です。
東京での暮らしにピリオドを打ち、田舎暮らしがしたくて和歌山に引っ越してきました。
海、山、川、自然いっぱいの和歌山が大好き♪
マクロビオティックの食生活を続けている中で、アーユルヴェーダ、ローフードと出会い、今はそれぞれのいいとこ取りをして、心も体もさらに軽くなりました!
自宅でアーユルヴェーダ、ナチュラルスウィーツ、マクロビオティックのお教室をしています。
1年に1~2回、東京へ出張のお教室もしています。
その他ご要望があればいろんなところへ飛んで行ってます。(^^
自給自足に近い暮らしを目指し、現在準備中。
日々、夫と息子の3人でわいわい楽しく暮らしています。

リマ・クッキングスクール師範科卒
アーユルヴェーダ・シンプルクッキング終了


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク


ブロとも申請フォーム


QRコード

QRコード

▲pagetop



Copyright © 2017 アーユルヴェーダ、ローフード、マクロビオティックのいいとこ取り♪. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。