心と体の声を聞きながらよりナチュラルで心地よい暮らしができるよう日々実践中
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








9月30日のお弁当


PICT0706.jpg


☆ メニュー

 ・ミニトマト
 ・白米おにぎり
 ・板麩&チンゲンサイ炒め
 ・煮物

<白米おにぎり>

な、なんと、今日は白米!(笑)
というのは、エコリアルさんから試食用のお米を
いただいたんです。

エコリアルさんのお米は、除草剤、農薬、化学肥料ゼロ!
そして、天日干し♪
もちろん玄米の状態で販売してくださいます。

和歌山産(小倉)なので、まさに地産地消ですね。(^^

ピカピカ輝いていて、とってもおいしかったです。
品種は「コシヒカリ」です。
モチモチしていて、日本人好みのお味です。

あまりに珍しい真っ白なおにぎりなので、
祐也も大喜びです。

<板麩&チンゲンサイ炒め>

板麩は、水でもどしてやわらかくなったら、縦半分に開いてから
醤油、しょうがで味付けしておきます。

今日は、さらに1cmくらいに切って片栗粉をまぶして、
チンゲンサイと一緒に炒めました。


<煮物>

こんにゃく、にんじん、さつまいもで作りました。

土鍋に油をしいて、しょうがの千切りを炒め、下処理して手で一口大に
ちぎったこんにゃく、にんじん、さつまいもの順に炒めて、水と昆布、
塩少々を入れて、しばらく煮、野菜がやわらかくなったら醤油少々も加えて
さらに煮て、水気がなくなったら出来上がり♪

こんにゃくの下処理の仕方は・・・

1.塩をこんにゃくによくすりこみ、水分を十分に出す。
2.その後、水洗いする。
3.2を熱湯でしばらくゆでる。

下処理することによって、臭みもとれて、味がしみ込みやすくなります。

マクロ的にも、こんにゃくは陰性なので、塩(陽性)のものを入れて、
熱湯で茹でる(陽性)ということが基本になっています。


下処理したこんにゃくを調理する際、味をよく染み込ませたい場合は、
包丁で切らずに、手でちぎるといいですよ。(煮物など)




スポンサーサイト






2009⁄09⁄30 10:30 カテゴリー:お弁当 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

プロフィール

naoko28

Author:naoko28
藤川直子(ふじかわ なおこ)です。
東京での暮らしにピリオドを打ち、田舎暮らしがしたくて和歌山に引っ越してきました。
海、山、川、自然いっぱいの和歌山が大好き♪
マクロビオティックの食生活を続けている中で、アーユルヴェーダ、ローフードと出会い、今はそれぞれのいいとこ取りをして、心も体もさらに軽くなりました!
自宅でアーユルヴェーダ、ナチュラルスウィーツ、マクロビオティックのお教室をしています。
1年に1~2回、東京へ出張のお教室もしています。
その他ご要望があればいろんなところへ飛んで行ってます。(^^
自給自足に近い暮らしを目指し、現在準備中。
日々、夫と息子の3人でわいわい楽しく暮らしています。

リマ・クッキングスクール師範科卒
アーユルヴェーダ・シンプルクッキング終了


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク


ブロとも申請フォーム


QRコード

QRコード

▲pagetop



Copyright © 2017 アーユルヴェーダ、ローフード、マクロビオティックのいいとこ取り♪. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。