心と体の声を聞きながらよりナチュラルで心地よい暮らしができるよう日々実践中
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








韓国旅行1


DSC00392.jpg


3月30日(月)

午前中は、家の掃除、洗濯、昼食の準備・・・。
その合間にローフードを少々つまむ。
ぎりぎりまで「ソウルナビ」「新個人旅行」とにらめっこ。

旅の準備は1時間くらいであわてて終了。

電車に飛び乗り関西空港に着いた。
チェックイン時に機内食をべジメニューにリクエストしてみたけど
やっぱり当日は無理とのこと。
事前にリクエストする余裕がなかった・・・。
しょうがない。
空港から夫に電話して、帰りはベジにしてもらえるようにチケットを
買った旅行会社に連絡してもらうように伝えた。

関西空港17:00発

アシアナ航空。
なかなか快適。

今回は格安航空券だけを買い、たった一人の個人旅行。
とりあえず、1泊目の宿だけは日本から予約しておいた。

仁川空港18:50着

飛行時間は1時間50分。
あっというまに着いた。

空港で両替。
空港のレートは悪いので宿までのバス代分1000円だけウォンにかえた。
1000円→13600ウォン
今日のレートはいい方みたい。

空港から外へ出る。
けっこう寒い。
バスのチケットを買い、バスに乗った。
バスはキレイ。
宿まで約1時間。
夜の町並みを窓から眺める。
どこを見てもハングル文字、ハングル文字・・・。
あたりまえだけど・・・。
私にとってはすごく新鮮だった。

さて、バス停に着いた。
びっくりするほど大都会。
しばらく足を止めてながめてしまった。
気をとりなおして宿に向かった。
着いたら予約していた宿の新館の方へ行ってしまったようだ。
予約したのは旧館。
新館からまた歩いて5分。
かなーりあやしい路地を入って旧館に着いた。
うわっ。
ここに泊まるのかー・・・。
ここは、ドミトリーだと1泊約1050円。
シングルだと1400円。
激安だ。
予約したはずなのにドミトリーはあいにく満室だそう。
シングルでお願いした。
ドミトリーは男女一緒みたいなので、シングルでよかった。
5泊するので5泊で5250円の交渉成立。(^^
それにしても安い。
しかもお客さんは日本人ばかりみたい。
バックパッカーや、この宿に1年に何ヶ月も住んでいる人や。
ここは、そういった人たちのたまり場になっているようだ。
「大学生?」とか「仕事休んできたの?」とか聞かれた。
そりゃそうだよね、とてもじゃないけど子持ちの主婦が泊まるようなところじゃないよね。(笑)

両替をしたかったので、明洞(ミョンドン)へ行くことにした。
もう21:00過ぎていたので大丈夫かなあと思ったけど、治安は悪くないので大丈夫とのこと。
宿に泊まっていた一人旅の女の子が声をかけてくれて一緒に行くことにした。
着いたばかりで夜道を歩くとは我ながらすごい度胸だ。

徒歩約12分。

ミョンドンはまるで渋谷のような繁華街。
明々とネオンは輝き、たくさんの人、屋台・・・。
東京とかわらないなあ。

両替所はあいにく閉まっていた。

ミョンドンの街を少し歩いた。

夜はけっこう冷える。
体が寒い・・・。
何かあたたかいものを飲みたいなあ、食べたいなあ。
今日はろくに食べてないし・・・。

と思いつつ宿に戻ることにした。
帰りは道に迷って30分くらい歩いて着いた。
もうおなかペコペコ。

宿はもちろんキレイじゃないし、快適じゃない。
空気はよどんでいるし。
窓がないー!
開放感のないところが根っからキライな私にはかなりキツイー。

ま、滞在中は寝るだけだし、安いし、しょうがない。
と自分にいいきかせた。

寝るしかない・・・。

床は「オンドル式」といって韓国の伝統的な床暖房機能。
おかげさまで寒くはなかった。

しかーし!
ねむれない・・・。
壁がうすい・・・。
まわりの話し声は聞こえるし、湯沸かし器(オンドルは床をお湯であたためている)が
扉のすぐ前にあり、その音が半端なくうるさい。
夜中じゅう、ずっと動いている。
私の部屋は宿の入り口からすぐ。
出入りする音もよく聞こえる。
外から知らない人が入ってくるかも・・・。
ここは24時間門限ナシ。
宿の鍵ももちろんない。
どんな人が入ってきてもおかしくない。

もし、ここがインドだったら絶対こんな宿には泊まれない。

きゃー。
布団を頭からかぶり、無理やり寝た。





スポンサーサイト






2009⁄04⁄08 16:56 カテゴリー: comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

プロフィール

naoko28

Author:naoko28
藤川直子(ふじかわ なおこ)です。
東京での暮らしにピリオドを打ち、田舎暮らしがしたくて和歌山に引っ越してきました。
海、山、川、自然いっぱいの和歌山が大好き♪
マクロビオティックの食生活を続けている中で、アーユルヴェーダ、ローフードと出会い、今はそれぞれのいいとこ取りをして、心も体もさらに軽くなりました!
自宅でアーユルヴェーダ、ナチュラルスウィーツ、マクロビオティックのお教室をしています。
1年に1~2回、東京へ出張のお教室もしています。
その他ご要望があればいろんなところへ飛んで行ってます。(^^
自給自足に近い暮らしを目指し、現在準備中。
日々、夫と息子の3人でわいわい楽しく暮らしています。

リマ・クッキングスクール師範科卒
アーユルヴェーダ・シンプルクッキング終了


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク


ブロとも申請フォーム


QRコード

QRコード

▲pagetop



Copyright © 2017 アーユルヴェーダ、ローフード、マクロビオティックのいいとこ取り♪. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。