心と体の声を聞きながらよりナチュラルで心地よい暮らしができるよう日々実践中
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








韓国旅行2



DSC00085.jpg

3月31日

歩いて三清洞(サンチョンドン)の散歩道へ。
「景福宮」(キョンボックン)という宮殿の脇にあるサンチョンドンギルという街路樹が並ぶ石畳の道だ。
朝の散歩は気持ちよかった。

とりあえず両替をしなくてはいけないので再びミョンドンへ。
今日のレートは1000円→14100ウォンだ。
なかなか良いレートだ。
ブラブラ歩いていたら、ライ麦入りくるみ饅頭を焼いている店があり、
試食してみた。
ライ麦の香ばしい香りの生地の中に、あんことくるみが入っていてなかなか美味しい♪
ひとくちサイズなので食べやすい。

DSC00092.jpg

10:00
昨日からおなかがすいていて、寒いのであたたかいおかゆを食べに行くことにした。
事前にチェックしていたおかゆやさん「粥郷」(チュッヒャン)へ。
場所はミョンドンから徒歩10分くらい。
でも、まだまったく地理感がないので、もっとかかった。
(汗)
どこへ行くにもすごく時間がかかる。
あった、あった!
こちらのお店は、自然の食材にこだわっている。
例えば韓国のお粥に必ず使うごま油。
韓国の国内産のゴマだけを使用。
しかもその日に使う分だけ!毎朝機械を使ってゴマ油を抽出している。
(ソウルナビで情報を得た)
お粥のメニューはたくさんある。
迷ったあげく「コンナムルチュッ」(豆もやしのお粥)にした。
もやし、ニラ、しいたけ、胡椒、ゴマなどが入っていた。
優しいお味。
疲れた体が癒された。
このお粥にさまざまなナムルやキムチがつく。
ここではもやしのナムル、青菜のナムル、白菜キムチ、きのこのナムル、
魚介?(食べなかった)のナムルだ。
これで6000ウォン(約420円)だ。

DSC00093.jpg

韓国ではスプーン、お箸はステンレス製のものを使う。

大満足で店を出た。
再びミョンドンへ。

DSC00097.jpg

おっ、雰囲気のよいお店がある。
看板はすべてハングル文字なので外から見ると何のお店かまったくわからない。
中に入ってみると・・・。
わーい、オーガニックショップでした~。
ここで、いろんなものをチェック。
よし、帰りにまとめて買って帰ろう。

となりのミョンドン大聖堂を見学。

その後、ミョンドンメインストリートへ。
すると、そこは日本人だらけ!
コスメショップ、レストラン、デパート、なんでもある。
コスメショップのお客はほとんど日本人。
どうやら日本で人気のBBクリームというものを買いにきているお客のようだ。
私は、このクリームの存在は知らなかった・・・。
こんなものが流行っているのかあ。
コスメショップは事前に調べていたので、よさそうなお店に入った。
まずは[FACE SHOP]。
あるある、オーガニックコスメ!
フランスのエコ認定を受けているというベビー用化粧水、クリームを買った。
もちろん自分用に使う予定。
もう一件は[Innisfree]。
ここでもこわわりコスメ発見。
数十種類のハーブを醗酵させて作った化粧水。
これも購入。

今度は、地下鉄に乗ってみる。
まずはカードを買い、チャージを入金する。
なれないので、これまたけっこう時間がかかる。
「梨大」(イデ)という駅で降りた。
ここは有名女子大がある街。

手作り麺「加味」という店に入った。
「カルクッス」という韓国版うどんを食べたかったから。
学生に人気のお店ということで気になっていた。
べジメニューはなかった。
やはりだしは魚介でとっているようだ。
魚介の具は取り除いてもらって野菜のカルクッスにしてもらった。
まあまあなお味。
これにも白菜のキムチ、大根のナムルなどがついた。
5000ウォン(350円)。
安い。

15:00
地下鉄で宿に戻り、お友達になったNちゃんとロッテ百貨店へ。
東京のデパートと変わらないにぎわいと品ぞろえ。
その後、地元のスーパー「ロッテマート」へ。
いろいろ見たけど、どれもハングル文字でなんだか分からず、
オーガニック麺だけ買った。
味付け海苔もたくさんあったけど、きっと化学調味料が入っているだろうと思いやめた。

DSC00118.jpg

19:00
地下鉄で広蔵市場(クァンジャンシジャン)へ。
ここは、食べ物の屋台が集まった市場。
思い切って屋台料理を食べてみた。

DSC00123.jpg

・「チャプチェ」(サツマイモのでんぷんの麺と野菜を炒めたもの)
・「トッポッキ」(棒状のお餅をコチュジャンと砂糖で煮たもの)
・「キンパッ」(韓国風海苔巻き)
化学調味料の味が少ししたけど、屋台なのでしょうがない。

お値段は屋台なのに思ったより高かった。
全部で8000ウォン(560円)。

座っているイスがあたたかい。
よく見ると、電気イス!

DSC00122.jpg

これは「ピンデット」というお焼きの生地を作っているところだと思う。
緑豆を石臼で挽いた生地だ。

Nちゃんと分かれて、一人でブラブラ歩いた。
途中で雨が少し降ってきた。





スポンサーサイト






2009⁄04⁄09 08:58 カテゴリー: comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

プロフィール

naoko28

Author:naoko28
藤川直子(ふじかわ なおこ)です。
東京での暮らしにピリオドを打ち、田舎暮らしがしたくて和歌山に引っ越してきました。
海、山、川、自然いっぱいの和歌山が大好き♪
マクロビオティックの食生活を続けている中で、アーユルヴェーダ、ローフードと出会い、今はそれぞれのいいとこ取りをして、心も体もさらに軽くなりました!
自宅でアーユルヴェーダ、ナチュラルスウィーツ、マクロビオティックのお教室をしています。
1年に1~2回、東京へ出張のお教室もしています。
その他ご要望があればいろんなところへ飛んで行ってます。(^^
自給自足に近い暮らしを目指し、現在準備中。
日々、夫と息子の3人でわいわい楽しく暮らしています。

リマ・クッキングスクール師範科卒
アーユルヴェーダ・シンプルクッキング終了


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク


ブロとも申請フォーム


QRコード

QRコード

▲pagetop



Copyright © 2017 アーユルヴェーダ、ローフード、マクロビオティックのいいとこ取り♪. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。