心と体の声を聞きながらよりナチュラルで心地よい暮らしができるよう日々実践中
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








韓国旅行3


4月1日(水)

朝、宿ではパンが出る。
でも、このパンはスーパーで売っているようなパン。
なので私は朝食はいつものように食べない。
それに昨日はいろいろとたくさん食べたので、まったくおなかが減ってない。

水はミネラルウォーターがいつでも飲める。
水だけ飲んだ。

泊り客の日本人のおじさんと少ししゃべる。
この人は、ここに来る前はタイに何ヶ月かいたそう。
ソウルは何回も来ていて、いつもこの宿に数ヶ月泊まっている。
ここはソウルの我が家のようなところ。
ソウルに来たらクラシックコンサートに行くそうだ。
エフゲニー・キーシンももうすぐ来る。
日本と比べたらかなり安くチケットが手に入る。
昔の私だったらぜったい聴きに行っているだろうなあ。

しゃべっていたらあっという間に10時近くになっていた。
今日は「景福宮」(キョンボックン)に行くのだ。
日本から持ってきたペットボトルに水を入れてあわてて出かけた。
宿からキョンボックンまで徒歩約10分。

都会のど真ん中にそれはそれは立派な王宮がそびえ建っている。

DSC00129.jpg

ここは「勤政殿」。
国家行事などが行われていた宮廷の中心。
韓国らしい鮮やかな色彩が美しい。



DSC00137.jpg

DSC00138.jpg

王族たちの生活空間。



DSC00143.jpg

DSC00145.jpg

庭園。



その後、同じ敷地内にある国立民族博物館へ。
韓国の昔の生活を展示している。
子供用に昔の器具で遊べるスペースもある。

12:00
ガイドブックで気になっていた「北村韓屋村」へ向かう。

DSC00182.jpg

その途中、またオーガニックショップ発見!
中に入って気になる食材について店員さんにいろいろと英語で聞いてもチンプンカンプン・・・。
そこに、品のある女性がやってきてキレイな英語で説明してくれた。
助かった~。

チャプチェの材料になるサツマイモのでんぷんの麺、お菓子、海苔を買う。
海苔が買えたのはうれしい♪

時計を見るともう少しで13:00になろうとしている。
13:00に仁寺洞(インサドン)であやのさんに会う約束をしているのだ。
「北村韓屋村」はあきらめてひたすら走った。

あやのさんとは去年マレーシアに滞在したときに知り合った。
そのときは彼女はタイで数年日本語教師をして日本へ帰る途中マレーシアに寄った。
私たちはインドから来た。
現在は韓国で日本語教師をしているバイタリティー満点の女性♪
初めて会ったときからとても親切にしてくれた。
今回も、突然の私の韓国行きにもかかわらずスケジュールを空けて会ってくれた。(^^

DSC00240.jpg

インサドンのメインストリートインサドンギルに面したスタバで待ち合わせ。

1年ぶりの再会!
興奮したまま精進韓定食が食べられるお店「山村」(サンチョン)へ。

入ってみて驚いた。
店内のセンスも雰囲気もナイス!
内装だけでも観る価値アリです。

DSC00219.jpg

DSC00222.jpg

脱いだ履はここに入れる。

テーブルに案内された。
韓国式のお店はたいてい床に座って食事する。
ここもオンドル。
床があたたかい~。

メニューはひとつ。
「山菜精進韓定食」だ。

DSC00191.jpg

野菜料理が次々とはこばれてきた。
様々なおかずが木の器に盛られている。



DSC00188.jpg

ここはスプーンもお箸も木製。

「スギナのナムル」のスギナがとっても柔らかかった。
「ビン」(?)という生のたらの芽をそば粉のクレープで巻いているのも気に入った。

春は山菜ずくしでウレシイ。

韓国料理の定番「ムク」というどんぐりの粉で作った寒天(こんにゃくみたい)も好み。
「揚げ昆布」は昆布をゴマと砂糖でまぶしている。パリパリしていて、ほんのりした甘さがおいしい。
「ズッキーニのジョン」(衣をつけて焼いたもの)もいける。

そのほか

「様々なキムチ」
「エリンギ、もやし、ズッキーニの炒め物」
「ねぎのチヂミ」
「大根入りそうめんスープ」(大根は漬物みたいにすっぱかった)
「豆腐と野菜の煮物」
「じゃがいもの煮物」
「グリンピース入りごはん(白米)」

などなど・・・。

DSC00215.jpg

食後は伝統菓子「ユグァ」と桂皮茶(シナモン茶)。
全部で20品!

どれもおいしかった~。

「韓定食と」いうと焼き魚がついている場合が多いけど、ここは「精進韓定食」なのでお魚がない
のがウレシイ。

あやのさんとおしゃべいりもしたいし、食べたいし、写真もとりたいし・・・。(笑)
興奮しすぎて写真が落ち着いてとれなかったのが心残り・・・。

ひとり22000ウォン。(1540円)
ちょっと贅沢な食事だったけど大満足で店を出た。

インサドンは伝統茶屋が集まっているところ。
ココに来て伝統茶を飲まないのはソン!

ということで、次はあやのさんおすすめの伝統茶屋[chaa]へ。

DSC00228.jpg

DSC00234.jpg

あやのさんは「菊花茶」(クッカチャ)、わたしは「ナツメ茶」(テチュチャ)を注文。
「ナツメ茶」はナツメを煮て作られるお茶。
松の実、くるみ、なつめが浮かんでいて最高においしかった。(^^



DSC00238.jpg

お茶菓子はお餅を焼いて砂糖をまぶしたもの。
おなかいっぱいなはずなのに、食べちゃいました~。

お茶とお菓子で8000ウォン。(560円)

DSC00231.jpg

DSC00232.jpg

ここの店内もセンス抜群。

あやのさんとゆっくりお話しした。
そして、あやのさんは夕方からまたお仕事なのでなごり惜しいけどお別れした。
きっとまた会える。
マレーシアでの出会いに感謝!

16:30
インサドンを一人で回った。

DSC00287.jpg

よさそうな伝統茶屋の中に入って見てみた。
オーガニックのお茶屋さん。
明日行こう。



DSC00266.jpg

ここは、「伝統茶院」という名の伝統茶屋。
ここでもお茶したいなあ。



DSC00252.jpg

DSC00262.jpg

ギャラリーをのぞいたり。



DSC00302.jpg

DSC00303.jpg

刺繍、ポシャギ、韓紙などの伝統工芸品のお店に入ったり。



DSC00246.jpg

DSC00245.jpg

ふらふらしていたらこんなエコショップを見つけた。
すべてリサイクル品。
廃棄になるはずのソファーの生地などでできている。
デザインはシンプルでかっこいい。

事前に調べておいたべジレストランの場所のチェック。
インサドンにはべジレストランがたくさんある。


あたりは暗くなってきた。
夜になってもおなかは減らない。
そりゃそうだよね、あんだけ食べたんだもの。

でもせっかく来たので何か食べたいなあ。
そうだ、トックケーキ(米粉のケーキ)でもつまもう。

DSC00255.jpg

かぼちゃのトックケーキをひとつ買って歩きながら食べた。
甘味が少なくてとってもおいしかった。
ひとつ1000ウォン。(70円)



DSC00258.jpg

こんなホールケーキもある。
ヘルシーだわ~。

すっかり夜になってしまった。
そういえばソウルにきて情報センターに行ってなかったなあ。
すぐそばにあったので入ってみた。
ここで情報収集でもしよう。
と、目に入ったのはmeditation centerのパンフレット。
よさそうだなあ。
場所は・・・、すぐそこ!
早速行ってみた。
入ってみると感じのよいスタッフがあたたかく迎えてくれた。
私のつたない英語でもこころよく応じてくれた。
昨日、今日とかなり歩き回っているし、人ごみの中にもいたし、少し疲れていたので明日はぜひ、ここのmeditationのクラスを受けたいと思い、すぐに予約した。

21:00
まだ宿には戻りたくなかったのでまたまたフラフラ。
たまたま「素食」と書かれた看板が目に入る。
今日はもう食べないけど、メニューだけ見せてもらおう。
と店に入った。
ここは化学調味料は不使用でヴィーガンのお店。
かなりこだわっている。
対応してくれた店員さんと意気投合!
約1時間ほどしゃべった。
ここのお店は後日食べにこようと決めた。

そろそろ宿へ帰ることにした。
途中、ミニシアターの前を通りかかった。
今日で上映が終わったそう。
かわいいグッズが半額で売っていたので、祐也用に布のかばんを買った。

宿につたら23:00だった。
今日も歩いた~。

宿の部屋はオーナーにお願いして2階にチェンジしてもらった。
うん、ここならうるさくない。

安心して眠りにつく。
しかーし・・・。
やっぱり眠れない。
今度は、たまり場でしゃべっている宿泊客の声がうるさい・・・。
で、みんなずーっとずーっとタバコを吸っている!
宿の中はタバコの煙でいっぱい。
夜中じゅうダラダラとスナック菓子を食べ、お酒を飲み、タバコを吸い、話している・・・。
どうもこういう雰囲気は好きになれない。
私の部屋はその溜まり場のすぐ上。
部屋の中もタバコくさくなってきた。
きゃーー。
まあ、安宿だから文句は言えないか。
マスクをして寝た。


旅の写真スライドショーはコチラ。

http://badi.web.fc2.com/travel3/korea_090331.html










スポンサーサイト






2009⁄04⁄09 17:17 カテゴリー: comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

プロフィール

naoko28

Author:naoko28
藤川直子(ふじかわ なおこ)です。
東京での暮らしにピリオドを打ち、田舎暮らしがしたくて和歌山に引っ越してきました。
海、山、川、自然いっぱいの和歌山が大好き♪
マクロビオティックの食生活を続けている中で、アーユルヴェーダ、ローフードと出会い、今はそれぞれのいいとこ取りをして、心も体もさらに軽くなりました!
自宅でアーユルヴェーダ、ナチュラルスウィーツ、マクロビオティックのお教室をしています。
1年に1~2回、東京へ出張のお教室もしています。
その他ご要望があればいろんなところへ飛んで行ってます。(^^
自給自足に近い暮らしを目指し、現在準備中。
日々、夫と息子の3人でわいわい楽しく暮らしています。

リマ・クッキングスクール師範科卒
アーユルヴェーダ・シンプルクッキング終了


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク


ブロとも申請フォーム


QRコード

QRコード

▲pagetop



Copyright © 2017 アーユルヴェーダ、ローフード、マクロビオティックのいいとこ取り♪. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。