心と体の声を聞きながらよりナチュラルで心地よい暮らしができるよう日々実践中
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








シンプル・ベジピッツァ


PICT0140.jpg


ちょっと前に台所の掃除をしていたら、
天然イーストが出てきました。

賞味期限は過ぎていたけど、
とにかく捨てるのももったいないので
使ってみることにしました。

この前、久しぶりにイースト(organic)を
使ってお弁当用にパンを焼いてみました。
その勢いでこのイーストもさっさと使おう。
パンにしようか、ピッツァにしようか・・・。

息子のリクエストでピッツァに決定。

材料をご紹介しますね。
(またまた適当ですのでご参考程度に)

・北海道産強力粉 1・1/2カップ
・はるゆたかブレンド全粒粉 1・1/2カップ
・塩 小さじ1くらい
・ぬるま湯 1・1/2くらい
・天然イースト 一袋

ぬるま湯以外をボールに入れて
ぬるま湯を少しずつ入れながらコネコネ。

最初は少し私がこねて、あとは息子に託しました。
やっぱり喜んでこねてくれました~。(笑)
15分くらいしてから生地をチェック。
うん、なかなかうまくこねあがってるよ。

ボールにビニール袋をかぶせて1次醗酵。(1時間ほど)

分割してまな板の上でのばして天板におき、
180度のオーブンで7分くらい下焼きしました。

具は冷蔵庫にある野菜を適当に乗せることに。
ボールに斜めに切ったナス、パプリカ、ちぎったバジル
を入れて塩、オルチョで和えました。

下焼きした生地にオルチョをぬり、具をのせて、
さらにオルチョ、塩を少々かけます。
そうそう、昨日のピーカンナッツがあったことを
思い出し、トッピングにしました~。
この作業も息子と一緒に。〈^^

そして、再度180度のオーブンに入れて
7~8分焼いて出来上がり。

生地は、ふっくら膨らんでなかなか美味しそう。

PICT0127.jpg

どれどれ、お味見♪

うん、おいしい!

粉、オルチョ、野菜、ナッツ、
それぞれちゃんと味わえます。
全粒粉を多めに入れたのでとってもヘルシー。
はるゆたかブレンドの全粒粉は初めて使ったのですが、
なかなかおいしいです♪

「しあわせ~」、思わずことばに出てしまいました。(笑)


今日のランチは、

・チョコレートタルト(raw sweets)
・スイカの皮のマリネ
・ベジタブルピッツァ
・パンダ豆のスープ

でした。(^^

調子にのってピッツァをおかわりしてしまい、
超おなかいっぱい!

普段は、天然酵母でピッツァを焼くか、
酵母ナシで焼くことが多い私。
酵母ナシにした場合でも、ベーキングや重曹は入れないんです。
これも、なかなかおいしいですよ~。

今回のレシピも、イーストなしにしてまったく
かまわないと思います。

*****************

その後、

夕食時にもやっぱりおなかは空かない・・・。
昔は、このくらい食べても全然平気だったのに。
そういうときは、無理に食べないのがイチバン。

raw sweetsをちょこっと食べておしまいにしました。(^^


あ、もちろん家族の分はちゃんと作りましたよん。



















2009⁄07⁄22 23:08 カテゴリー:ふだんの食事 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








スプラウト小豆


PICT0020.jpg

小豆もスプラウトしてみました。(^^

このスプラウト小豆で「小豆かぼちゃ」を作りました。

作り方は・・・

スプラウト小豆2カップ、昆布、水(1カップくらい)を
土鍋に入れて火にかけ、沸騰したら弱火でコトコト煮ます。
小豆が柔らかくなったらかぼちゃ(300gくらい)を一口大
に切ったもの、さらに水1/2~1カップと自然塩小さじ1/2~1
を加えてかぼちゃがやわらかくなったら出来上がり。

スプラウトさせた小豆は、あっという間に煮えました。

スプラウトはエコ&体にもよいです。(^^

今日、使ったかぼちゃはコチラ。

PICT0023.jpg

日本かぼちゃです。
和歌山産の無農薬かぼちゃ。(^^
ちょうどこんな風に白くなっているものがおいしいそうですよ。
たしかに味が濃くってすーっごくおいしかったです~。(^^













2009⁄07⁄11 20:21 カテゴリー:ふだんの食事 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








バスマティ米♪


ごはんを食べると、たまに体がおもた~く感じるとき、
ありませんか?

そんなときは、コレ。

PICT1862.jpg

「バスマティ米」をいただきます。
(我が家にとっては、し、しろい!笑)
バスマティ米はインドやパキスタンで栽培されている
長粒米。
別名、「香り米」ともよばれています。
質が軽くて消化にとってもいいんですよ。
独特の異国の香りたっぷり♪

このお米にスパイスを効かせたムングダルのスープがあれば
幸せ~。

炊き方はこれまた簡単ですぐに炊けます。
洗ったバスマティ米、倍量の水、塩を土鍋に入れて、
沸騰したら蓋をして10分蒸らして出来上がり♪

茹でる方法もあります。

炊き上がりはさらりとしています。

冬は、サフランも入れて炊き、サフランライスにします。

炊くとかなーりふくらむので、たくさん食べた気になりますよ。(^^
ご飯をついつい食べ過ぎちゃう人にはオススメ。

一度お試しを~。










2009⁄07⁄09 21:47 カテゴリー:ふだんの食事 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








ある日の食事


7月5日(日)の夕食。

☆ メニュー

・アボカドのり巻き
・スライスかぼちゃとミニトマト
・発芽玄米入り3分搗きごはん
・小豆かぼちゃ
・インゲンのゴマ味噌和え


PICT1837.jpg

<アボカドのり巻き>
アボカドはつぶして梅酢で味付けし、のり(ローフードでは海苔は
焼き海苔でなく、乾海苔を使います)で巻いていただきます~。

<スライスかぼちゃ>
うすくスライスして生でいただきます。
意外と甘いんです♪


PICT1846.jpg

<発芽玄米入り3分搗きごはん>
自家製の発芽玄米を加えて炊きました。
かわいい芽がでてます。
見えますか~?
発芽玄米独特の香りがたまりません。
おいしいです。(^^
玄米も発芽させるととっても食べやすくなりますよ。

<小豆かぼちゃ>
こちらは、マクロビオティックの定番メニューですね。

実は、小豆も発芽させてから作りたかったのですが、
今回は、普通(!?)の小豆で作りました。
小豆は、自然農法のおいしい小豆です~。

簡単に作り方をご紹介しますね。

小豆1カップは、洗ってから土鍋に入れて3倍の水に
30分くらい浸水させておきます。
浸水させなくてもできます。
今回は、一晩浸水させておきました。
そうするとより早く煮えます。

昆布を加えてそのまま火にかけます。
沸騰したら蓋をとって10分くらい湯気を飛ばします。
これは、アクをとるためです。
マクロでは、アク抜き、湯でこぼしはしません。

水を1カップ(さし水)注いでから蓋をしてコトコト煮ます。
火加減は、豆が踊るくらい。
小豆がやわかくなるまで、何度かさし水します。
小豆が手でつぶれるくらいのやわらかさになったら
自然塩を小さじ1/2~1加え、一口大に切ったかぼちゃを
加えて蓋をします。
かぼちゃが煮えたらできあがり~。
かぼちゃを加えてからは、かき混ぜないのがポイントです。

小豆かぼちゃは、大好物♪
小豆とかぼちゃのホクホクがとっても幸せにしてくれます。

甘いものを食べたくなる人(私!?)はぜひ食べてください。
甘いものへの欲求がおさまりますよ。(^^
あと、むくみやすい人もぜひ~。
小豆はむくみを取ります。

<インゲンのゴマ味噌和え>
インゲンはさっと茹でます。
タヒニ、味噌、水少々を混ぜたもので和えて出来上がり。
息子も大好きみたいです。
タヒニはよく使います。

PICT1843.jpg

私がいつも使うのはコチラの「アリサン」のオーガニックタヒニです。
(わらべ村さんで購入しています)
オーガニック白ゴマ100%。
他には何も入っていません。
乳化剤ももちろん入っていないので、開けたときは分離していますので、
よく混ぜてから使います。

お料理、お菓子作りの際、コクを出したいときにはとっても
助かります。
タヒニさんありがとう♪

ひとつの食材を生と加熱食でいただく例。
今回は、「かぼちゃ」でした。(^^







2009⁄07⁄08 20:28 カテゴリー:ふだんの食事 comment(2) trackback(0)
▲pagetop








ある日の食事


ひとつの食材を生と加熱食でいただく例です。

今回は、「ひじき」。

まずは、生でいただきます。


PICT1790.jpg

<ひじきのサラダ>

作り方はとっても簡単♪

1.ひじきをあらかじめ水で戻します。
2.戻したら洗って、よくしぼってから、人参(スライサーで細切り)
生姜のすりおろし、塩少々、オリーブオイル、醤油を加えて混ぜて
できあがり~。
レモン汁を加えてもいいですよ。

これは、リビングフードのいとうゆきさんのレシピを参考に
しています。
かなり美味しいです。

ただ、ひじきの乾物は製品になるときに熱湯処理している場合も
あるようです。
完全なローフードを求めている方は、ひじきの製造元に問い合わせて
みるとよいでしょうね。

ひじきは、「よく炒めてから煮る」という料理法しか
知らなかったときは、ひじきはお料理に時間のかかるものと
思っていましたが、このレシピを知って驚き&うれしかった
ことを覚えています。

さて、さらにもう半分は加熱します。

<破竹とひじきの煮物>

破竹は薄切りにしておきます。
戻したひじきと一緒に油で炒めて水少々と醤油を加えて蓋をして
サッと煮てできあがり。

ひじき料理は時間をかけなくでもできると知ってから、
サッと炒めたり、サッと煮たりすることも多くなりました。

気軽にひじき料理を楽しみましょう♪

ちなみに、「ひじき」の代わりに「あらめ」もかなりイケマス!

海藻は、我が家では毎日摂っています。(^^











2009⁄07⁄04 21:57 カテゴリー:ふだんの食事 comment(0) trackback(0)
▲pagetop










<< back | HOME | next >>

プロフィール

naoko28

Author:naoko28
藤川直子(ふじかわ なおこ)です。
東京での暮らしにピリオドを打ち、田舎暮らしがしたくて和歌山に引っ越してきました。
海、山、川、自然いっぱいの和歌山が大好き♪
マクロビオティックの食生活を続けている中で、アーユルヴェーダ、ローフードと出会い、今はそれぞれのいいとこ取りをして、心も体もさらに軽くなりました!
自宅でアーユルヴェーダ、ナチュラルスウィーツ、マクロビオティックのお教室をしています。
1年に1~2回、東京へ出張のお教室もしています。
その他ご要望があればいろんなところへ飛んで行ってます。(^^
自給自足に近い暮らしを目指し、現在準備中。
日々、夫と息子の3人でわいわい楽しく暮らしています。

リマ・クッキングスクール師範科卒
アーユルヴェーダ・シンプルクッキング終了


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク


ブロとも申請フォーム


QRコード

QRコード

▲pagetop



Copyright © 2017 アーユルヴェーダ、ローフード、マクロビオティックのいいとこ取り♪. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。